新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

建設業許可を行政書士に依頼するにあたってどのような基準で選べばよいか

 

いくつかの行政書士のサイトを見ての感想です

 

  • 費用が安い
  • 場所が近い
  • 経験が豊富
  • フットワークが軽い
  • 返金保証・成功報酬
  • 有資格者が対応
  • 建設業許可を専門にしている
  • 対応、人柄がよい

 

  • ~⑧まですべて揃っているのであればその方にお願いするのがよろしいと思います。

なかなかいないと思いますが・・

 

一つずつ見てみましょう

  • 費用が安い

何事も安いほうが嬉しいですよね。特に許認可の場合は、弁護士さんの仕事と違い誰がやっても結果は同じ訳ですから。

 

ただし、

A行政書士  8万円 申請まで3か月 質問に対する回答が遅く、その他の対応も時間がかかる

B行政書士 15万円 申請まで1か月 全ても対応が早い

 

金額は違いますが、対応もかなり違ってきます。

 

まあ安くて素早い対応というのが一番なのでしょうが・・

 

  • 場所が近い

これはどうでしょうか。今はZOOMや電話メール等の手段で連絡は取れますし、

あまり関係ないような気がします。

 

ただし、当事務所ではご本人確認もあり原則初回はご面談をお願いしております。

 

  • 経験が豊富

経験豊富と経験と比べたら経験豊富がよいに決まっています。

でも、経験豊富な人も未経験の時があったわけで、その時に依頼してくれた人がいたから今があるわけです。

経験が少なくても勉強熱心で意欲のある方ならよいのではないでしょうか。

 

  • フットワークが軽い

これについては、言うまでもありません。

 

 

少し長くなったので次回に続きます。