新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。

新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)の坂井桃子です。

 

経営事項審査を受けるメリットについてご説明致します!!

 

まず、経営事項審査とは、国、地方公共団体などが発注する公共工事を直接請け負おうとする建設業者が必ず受けなければならない審査です。

経営事項審査を受けるとさまざまなメリットがあります。


①入札に参加できる

 

最大のメリットは公共工事の入札に参加できることです。

公共工事を受注できれば、国や地方公共団体、公共性の高い組織が発注する建設工事を、発注者から直接請け負おうことができます!
なので、元請として規模の大きな工事を貸し倒れのリスクがなく、安心して受注できます。


②客観的に自社の経営状況を把握できる


国土交通大臣が登録した登録経営分析機関が
建設業者の施工能力や経営状況等を公正に評価するので、客観的に自社の経営現状を把握することができます。


③自社アピールとなる


全国の建設業者の経審の結果が公表されており、誰でもみることができます。
情報がオープンになることにより、信用に繋がり
公共工事だけでなく、民間工事受注増の可能性が高まります。


経営事項審査の改正が2020年10月にあり、
建設キャリアアップシステムや技術者の継続教育による点数が追加されるなどの改正がありました。

改正後の対応も丁寧にご説明致しますので、安心してお任せください。

 


公共工事を受注したい、
取引先から経審を受けるように言われたが何から始めたらいいかわからない、
忙しく書類作成等のお時間がないとお困りの方、

ぜひ一度ご相談ください!!