新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

行政書士業務で建設業許可申請は難しいのか?

建設業許可に17年携わっている行政書士の感想になりますが、

書類の量が多く「簡単」ではないですが、一般の方がご自身で申請される方も少数ですが

いらっしゃいますので、要件さえ満たしていれば「難易度が高い」とまではいかないと思

います。

 

しかし、難しい案件もたくさんあります。

それは、「要件を満たしているが疎明資料が足りない」という場合です。

私の事務所に相談に来る方々でも「経験も疎明資料もバッチリ!」という方は

3分の1~半分くらい?でしょうか。

残りは何かしら方法を考え振興局に掛け合い方法を探るという事になります。

もちろん「何かいい方法ないですか?」ではなく「方法」は、プロですから

こちらで考えお伺いを立てるという事になります(親切な担当者で方法をご

指示いただくこともありますが・・・)。

 

建設業許可は、経験や専任性等の難しい要件があります。

「要件は満たしていないが満たしているような方法を考えてくれ」という

ご依頼もありますが、長い建設業許可実務の経験上、県の担当者を欺く何

かしらの方法の一つや二つの方法が頭に浮かびます。しかし残念ながら違

法・虚偽申請のお手伝いをすることはできません。

逆に「要件を満たしているが疎明資料がない」という方には全力でサポー

トさせていただきますし、そういった実績も多数ございます。

 

 

新潟県の建設業許可取得に関するご相談はトラスト行政書士事務所へ