新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。

新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)  の坂井です。

 

 

建設業の業種は29種類ありますが、よくお問い合わせ頂くのは、

「建築一式工事」についてです。

まず建築一式工事とは、
家などを新築・増改築する際、大工・内装・塗装などのさまざまな専門業者を一括し、「元請」として行う工事をいいます。


建築一式工事の許可を取得すれば
大工工事、内装工事等どんな工事でも請け負うことかできるのでしょうか??
答えは✖️です。

よくある間違いです。
例えば、家を新築する建築一式工事に付随する
内装仕上工事・大工工事等は請負が可能です。


では、大工工事のみ、内装工事のみなど専門工事はどうでしょうか?
→答えは✖️です。
建築一式工事とはなんでもオールマイティーに請負えるという意味ではありません。
500万円以上の工事であればそれぞれの許可が必要です。


許可を申請するには専任技術者になれる方が必要です。

要件としては、
①10年以上の実務経験か
②資格を持っているか

 

「建築一式工事」の資格は例えば、一級建築士、二級建築士の資格があり

専任技術者になることが出来ます。

また、建築士が他人からの報酬を得て、建築業務等を行おうとする場合は、建設業許可と別に「建築士事務所の登録」が必要です。
登録届手続きも建設業許可申請と一緒にご依頼頂ければ、
書類作成、提出業務致します。



どの業種の建設業許可が必要なのか?
建設業許可で非常に重要な部分ですのでしっかりと確認させて頂き、

代行手続きを進めております。


建設業許可をとりたいと少しでもお考えの方は、ぜひお気軽にトラストへお問い合わせ下さい!!