新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

本日は、経審と役員借入金について

会社の社長が会社に対してお金を貸しているという会社は意外と多くあります。

この場合、もし御社が「経審の点数をアップしたい」という会社であったら、

DES(デット・エクイティ・スワップ)をご検討ください。

 

DES?いきなり難しい言葉で申し訳ございません。要するに「債務の株式化」であり、

具体的には、返済期日の到来した借入金を債務を現物出資する形で会社に対し増資す

ることによって、資本に振り替えることです。

株券のイラスト

貸借対照表に「役員借入金」という勘定科目に金額が記載されている場合になります。

要するに会社の「社長」等から会社がお金を借りているという状況です。

会社が直ぐにでも返済できる状態であれば問題ないのですが、「借入に関する契約書

等もなく、返済期限も定められておらず返済の見込みもない。」というケースが多い

と思われます。

この状況を放置しても会社側、社長側双方に全くメリットはありません。

 

DESによる会社側のメリットとしては、債務超過を解消出来たり、自己資本比率が高まるという

事になります。

 

また、建設業許可の経営事項審査の評価についてもメリットがあります。

DESによって債務が減少し、自己資本比率等が改善し、Y点対策になるというものです。

 

トラスト行政書士事務所では、このDESについて多くの実績がございます。

 

DESをご検討の場合は、是非ご相談ください。