建設業で独立するには

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

「建設業で独立したい」とお考えの方

 

現在勤務している職場を退職して独立する!

 

「失敗したくない」「やっていけるのか不安だ」「絶対に成功したい」

 

いろいろな思いがあるでしょう

 

 

 

 

 

 

「成功するために」よく考えてみましょう

 

失敗しやすいタイプ

・勤務している会社に不満があり、思い付きで独立してしまう

・金銭管理がルーズ

 

何事も「準備」が大切です。現在の勤務先も「同業」であり、今後も何かしらの付き合いがあるかもしれません。円満退社を心掛け、退職後もよいお付き合いができるような関係がベストです。

特に、将来建設業許可を取得する際に、以前の勤務先からの証明を求められる場合があります。そういった観点からも現在勤務している会社との関係には十分注意をしてください。

 

金銭感覚については、「勤務時代、給与を全部使いきってきた」という方もいると思いますが、独立し自営業となった場合は、「通帳にあるお金は全て自分のもの」という感覚ですべてを使ってしまいがちです。自営業の怖いところは、その後、「消費税」「所得税」等の税金が請求されるという事です。勤務時代と同じ感覚でお金を使うと大きな失敗に繋がってきます。

 

その他、「仕事が取れない」

建設業に勤務していると元請、同業者等の方々と意外に付き合いが発生します。

そこで多くの人脈をつくることができると思いますが、あなたが勤務時代に真面目に仕事をし、信頼されていれば営業力などなくても独立開業後にそういった人達から声がかかるはずです。残念ながら「今現在、そういった人脈がない」という方は、独立後も仕事を獲得することは難しいと思いますので勤務を続けた方がいいでしょう。

 

元請や同業者などの取引先は、現在勤務している「あなたの働きぶり」を見ています。「○○建設の▲▲さん」という視点と「▲▲さん」個人という視点で周りからは評価されているのです。

あなたがその人たちから見て真面目に信頼されるような仕事をしていれば、独立後も声がかかるはずです。

とにかく、「お金を貯める」「人脈をつくる」

このような「準備」を十分にしたのちに独立を検討しましょう。

 

 

 

 

 

 

独立後は大変なことも多い

勤務時代は、現場作業や施工管理をしていればよかったと思いますが、独立後はその数倍の仕事量になります。

営業活動、採用、経理、請求書発行等

 

その他

建設業に限らず、一般的に独立開業して成功するには

  • コミュニケーション能力がある
  • 挨拶ができる
  • 時間を守る

社会人として当然求められることだと思うのですが、意外と出来ていない人が多いです。

逆に、私が多くの方を見てきて感じるところですが、これが出来ている人は成功する確率が高いです。

 

思い付きではなく、じっくり準備をして成功に向けて頑張ってください。

お盆休み

平素は格別のお引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

 

8月のお盆期間につきましては、通常通り営業しております。
(※土・日・祝日のみ休業)

ただし、8月中は社員が交代制で夏季休暇を頂戴しております。

上記期間は多くのスタッフがお休みを頂戴しており、

お客様方にはご不便をお掛けすることもあるかと存じますが、

何卒ご了承下さいますよう宜しくお願い申し上げます。

 

・8月11日(木・祝)休業

・8月12日(金)  通常営業

・8月13日(土)  休業

・8月14日(日)  休業

・8月15日(月)  通常営業

経審と役員借入金

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

本日は、経審と役員借入金について

会社の社長が会社に対してお金を貸しているという会社は意外と多くあります。

この場合、もし御社が「経審の点数をアップしたい」という会社であったら、

DES(デット・エクイティ・スワップ)をご検討ください。

 

DES?いきなり難しい言葉で申し訳ございません。要するに「債務の株式化」であり、

具体的には、返済期日の到来した借入金を債務を現物出資する形で会社に対し増資す

ることによって、資本に振り替えることです。

株券のイラスト

貸借対照表に「役員借入金」という勘定科目に金額が記載されている場合になります。

要するに会社の「社長」等から会社がお金を借りているという状況です。

会社が直ぐにでも返済できる状態であれば問題ないのですが、「借入に関する契約書

等もなく、返済期限も定められておらず返済の見込みもない。」というケースが多い

と思われます。

この状況を放置しても会社側、社長側双方に全くメリットはありません。

 

DESによる会社側のメリットとしては、債務超過を解消出来たり、自己資本比率が高まるという

事になります。

 

また、建設業許可の経営事項審査の評価についてもメリットがあります。

DESによって債務が減少し、自己資本比率等が改善し、Y点対策になるというものです。

 

トラスト行政書士事務所では、このDESについて多くの実績がございます。

 

DESをご検討の場合は、是非ご相談ください。

トラスト行政書士事務所の特徴

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

私は、行政書士として開業前、建設会社の営業として10年以上勤務しておりました。

建設関連の保有資格は以下のとおりです。

  • 一級土木施工管理技士
  • 二級建築施工管理技士
  • 宅地建物取引士
  • 第一種衛生管理者

 

 

 

 

 

 

 

建設業許可の仕事に関しては、税理士さんや過去建設業許可の取得をお手伝いした建設会社さんからの

紹介が100%で、ホームページからの依頼はゼロです(ホームページからの依頼も少しはあるとよい

のですが・・・)。

 

自分で言うのもなんですが、紹介が100%という事なので、私たちの仕事がそれなりに評価されてい

るからなのではないかと思います。

一度お付き合いをさせていただいた方々とは、ほぼその後もご依頼をいただいております。

 

その他

  • 仕事のスピードが速い
  • 建設業許可の周辺業務 産廃、宅建業、建築士登録等の対応も可能
  • 建設業許可から入札、経審の対応も可能

 

今後も地域の建設業者様の業績が向上するためのお手伝いをさせていただくことを喜びに

仕事に励んでいきたいと考えております。

 

 

求人 行政書士有資格者

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

トラスト行政書士事務所では行政書士有資格者を募集しております。

 

 

 

 

 

 

業務内容としましては

建設業許可、運送業許可、宅建業免許、農地転用、開発許可、産廃等の許認可業務になります。

行政書士の実務を覚えることができるということはもちろん、顧客獲得の方法、ノウハウを身近で感じ

ることができる事務所です。

 

待遇

給与25万円(使用期間3か月20万円)/月 固定残業代40時間含 

毎週土日休 年末年始夏季休暇有

 

 

 

 

 

 

 

求める人材

明るく元気よく挨拶できる方

 

「数年後に独立したい」という方からの応募も大歓迎です。

https://en-gage.net/trust_recruit/

 

建設会社の資本金

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

今回は、建設業許可の取得とともに新規に会社を設立する場合に、資本金をいくらにするべきか?

という点について

 

かなり以前は、会社を設立する際に、資本金の最低額が法律で規定されておりましたが、現在は規定が

ありません。

 

弊社でも建設業や他業種を含め年間30件程度、会社設立のお手伝いをさせていただいておりますが、

資本金で多いのが30万、50万、100万といったあたりです。

ただし、会社の資本金については取引先や金融機関が自由に調べることができます。

みなさんも取引をする相手先の会社が「資本金10万円の会社」と「資本金1000万円の会社」だっ

た場合、他の条件がほぼ同じであれば後者を選ぶのではないでしょうか。

このあたりも資本金の額を決定する上で重要になってきます。

 

 

 

 

 

 

では、建設業許可を見据えた会社設立の場合はどうすべきか?

建設業許可取得の要件に財産的基礎500万円というものがあります。

設立した会社の資本金が500万円以上であれば、(決算期を迎える一期目までは)それだけで財産的

基礎の要件を満たしていることになりますが、そうでない場合は、銀行から「残高証明」を発行しても

らうことになります。

「常に銀行には500万円以上の預金があるよ」という方は問題ありませんが、「大口の入金に合わせ

て」ということになると急いで建設業許可を取得したい場合に支障が出ることになります。

 

因みに会社設立や日本政策金融公庫の融資等では一時的に調達した所謂「見せ金」は不可となります

が、建設業許可の「財産的基礎」については事実上「見せ金」であっても通ってしまいます。

この辺りは私個人的には「問題だなあ」と思っておりますが、どうしようもありません。

 

少し話は変わりますが、会社の資本金は、後に増やしたり減らしたりすることも可能です。

 

結論としまして

建設業許可の取得をお考えの新規会社設立につきまして資本金は500万円以上がスムーズですが、

後々、「少し手間が増えてもいい」という方は、それ以下でも問題ありません。

 

 

建設業の本店移転

新潟県建設業許可申請決算変更届経審をお考えの皆様をサポートしております。新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)代表の関です。

 

本日は、建設業の本店移転について

会社の本店を移転した場合は、移転した日から2週間以内に変更登記(法務局へ申請)を

しなければなりません。

 

本店移転にあたり、まず確認することは定款の記載

だいたい第3条くらいに

①当会社は、本店を新潟市に置く。

②当会社は、本店を新潟市中央区山二ツ5丁目2番25号に置く。

どちらかの記載になっていると思われます。

①の場合は、取締役(取締役会)が決定することになり

②の場合は①の前提として株主総会で定款の変更をする必要があります

 

本店移転の年月日は、原則、「実際に本店を移転した日」となります。

①実際に移転した日に決議をする⇒その日

②将来的に「令和4年〇月〇日」「令和4年〇月〇日から令和4年〇月〇日」と決議し、

 実際にその範囲内で移転⇒実際に移転した日

③実際に移転したのちに決議⇒決議した日

となります。

 

法務局での登記が無事完了したら次は法務局から発行された登記事項証明書を添付して新潟県

に変更届をすることになります。

 

 

友人といざ山へ!

新潟県で建設業許可申請・決算変更届・経審をお考えの皆様をサポートしております。

新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)  の板垣です。

 

先日友人から、山にドライブ行こう!
と誘われ、南魚沼市に行ってまいりました!

 

11:30頃到着し、まずは腹ごしらえに、魚沼の里へ

YUKIMURO WAGYU UCHIYAMAさんのハンバーグを頂きました!

肉汁たっぷり!お肉のうまみがぎゅっと詰まった最高のハンバーグでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

帰りには、夜のおつまみ用に生ハムを購入し、

お近くの、さとやベーカリーさんにも寄って朝食用のパンも沢山購入しました☺

(どちらもとっても美味しかったです!)

 

お次はいざ山へ!と思いきや、やっぱり温泉に入りたいね!という話になり、

六日町温泉 心と体の保養の宿 龍氣さんへ

ゆったりと温泉につかり心と体をしっかり癒していただきました。

 

友人宅へ一泊し、次は花火大会があるときに集まろうと約束し解散。

友人と過ごす時間は、どんなことをしていても楽しいものですね!

結局山へのドライブは行けなかったので、次回集まった時にはぜひ行ってみたいと思います☺

 

 

 

 

 

はじめまして!

はじめまして!

新潟県で建設業許可申請・決算変更届・経審をお考えの皆様をサポートしております。

新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)  の板垣です。

 

4月18日に入社した私から、少し自己紹介をさせていただきましたので、ご覧下さい!

 

これといって面白い趣味もないので、たらこ大好きな私から、おすすめのたらこを紹介させていただきます!(たらこを見せびらかしたいだけなのですが。笑)

昔から無差別に様々なたらこを食べてきた私ですが、明太子はどちらかというと苦手な部類でした。

そんな私が数年前に初めて食べて感動した明太子がこちら!

 

 

 

 

 

 

福岡の中洲川端駅近くにございます、「元祖はかためんたい重」さんの<めんたい重>でございます!!

 

昆布に巻かれた辛すぎない明太子、そこに特製かけだれをオンして最高においしく頂ける仕様となっております。(食リポ下手ですみません…。)

 

私はテイクアウトでしか食べたことがないのですが、お店で食べるときはたれの辛さを選べるみたいなので、次に行ったときはお店の中で食べてみたいなと思っております。

通販でお取り寄せも可能なので、是非お試しください!

 

最後に、4月1日入社の方々から少し遅れての入社となりましたが、遅れをとらないよう精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします!

建設キャリアアップシステム

新潟県で建設業許可申請・決算変更届・経審をお考えの皆様をサポートしております。

新潟県建設業許可申請サポートセンター(トラスト行政書士事務所)  の坂井です。

 

弊所お客様の建設キャリアアップシステムの登録手続きが完了しました。


登録するメリットとして、雇用する技能者の数や保有資格、社会保険加入状況等が明らかになり、取引先からの信頼が得やすくなります。お客様の受注機会拡大に繋がってほしいです。




今後は、技術者一人一人の技術や経験を正しく評価し、レベルに応じた4段階の評価判定を行う「レベル判定システム」を行う予定です。

レベル判定システムを行うことにより、建設キャリアアップカードのレベル(色が変わり)が変わり技術者のスキルをアピールできます。

建設キャリアアップシステムは、2023年までに全ての技術者の登録を目指しているので早めの登録をおすすめします!!


トラスト行政書士事務所にご依頼頂く場合

報酬
事業者登録 55,000円(税込)※資本金1,000万円未満の場合
技術者登録 1名様 22,000円(税込)
レベル判定システム 8,800円(税込)

※別途、発行料や登録料が発生致します。

お客様に資料をご用意頂き、弊所で登録から
登録後の流れのご説明まで行います。


登録を考えているが何から始めたら良いかわからない、時間がないなど、お困りの方は

ぜひお気軽にお問い合わせください。

 

建設業の許可に関するお問い合わせ
お電話でのお問い合わせ

「建設業のホームページを見た」とお伝えください。

受付時間:平日10:00-18:00(土日祝休み)
メールでのお問い合わせ

    ページトップへ戻る